髙島屋スペースクリエイツ
menu

先輩の声

商環境営業部 第6グループ 木村 寛

商環境営業部
木村 寛

プロフィール

2009年、新卒で髙島屋スペースクリエイツ入社

現在の仕事内容

ファッションブランドの店舗内装施工の営業窓口として、店舗改装のマネジメント業務を上司と共に行います。
具体的には、施主からヒアリング、見積書作成、図面打合せ、仕上げサンプル作成、工事現場管理、お引き渡し、請求業務等を各担当へ依頼、または自身で行います。

入社後、最初に取り組んだ仕事

ある店舗の改装工事案件で施主、設計者との打合せに上司と同行し、議事録を作成したのが最初の仕事でした。専門用語が多く、その場で内容を理解できなかったため、打合せ終了後上司に確認し、後日議事録としてまとめることで、徐々に打合せ内容を理解できるようになりました。

仕事の楽しさ・魅力

自身が行った仕事に対して「ありがとう」と言ってもらえることです。これからも、クライアントや設計者をはじめ、案件に関わる様々な人から「ありがとう」をもらえることを目指していきたいです。

学生時代に取り組んだこと、夢中になったこと

金沢市の大学に通っていた頃、伝統工芸の九谷焼ショップ、九谷焼ギャラリー、小料理屋を併設したお店でアルバイトをしていました。昔の武家屋敷の間取りを活かしつつリノベーションした面白い店舗です。就職して石川を離れる際に九谷焼の冷酒グラスを頂いたのもいい思い出です。

入社前と入社後のギャップ

入社前は、内装施工を中心とした歴史ある企業で、有名ブランドやホテルなど、非常にハイクラスな顧客とのお付き合いがある、というイメージでした。
入社後、ハイクラスかつ多分野の顧客と長年お付き合いさせていただき、信頼を得ていることが分かりました。

10年後にチャレンジしたい業務

何か新しい仕事にチャレンジしたいです。例えば、ものづくりにこだわりを持つ伝統ある企業と協力して新しい空間や商品を世に送り出し、伝統を大切にしつつも新たな顧客獲得を目指す、といった仕事に取り組みたいと考えています。

入社する後輩へのメッセージ

入社直後は先輩方に囲まれて、緊張や不安の連続だと思います。しかし、仕事を覚えていくに連れて自信とやりがいが出てくるはずです。幅広い知識と経験が必要で時間はかかりますが、頑張っていきましょう。

先輩の声 一覧

TOP